最新情報

インフルエンザの感染拡大防止について (2018-01-30)

平成30年1月30日

 

 

秋田県立湯沢翔北高等学校長 

 

 

インフルエンザ感染拡大防止について(お願い)

 

 

 この度、インフルエンザと診断を受けた生徒が一定数発生しましたので、集団感染防止の観点から、学校医の指導の下、学校保健安全法第19条、第20条の規定により、2年F組を学級閉鎖としました。

 つきましては、発症している生徒は医師の指示に従って、完治まで必要と認められた期間は十分療養してください。なお、発症していない生徒についても以下の留意事項を遵守し、感染拡大防止に努めてください。

 

留意事項

 

(1)毎日の健康観察をお願いします。

   1 インフルエンザ様症状の有無の確認

    ※インフルエンザ様症状とは、発熱及び急性呼吸器症状(鼻汁もしくは鼻閉、咽頭痛、咳のいずれか1つ以上)を呈した場合

   2 インフルエンザが疑われた場合は、速やかに医療機関を受診してください。

 

(2)感染拡大防止のために

   1 手洗い、うがい、マスクの着用の励行

   2 「規則正しい生活」と「十分な栄養と睡眠」の確保

   3 不要不急の外出は控える

 

(参考)

 インフルエンザの出席停止期間は「発症した後5日を経過し、かつ解熱した後2日を経過するまで」です。熱が下がっても2日間は感染力が残っています。

 

問合せ先  湯沢翔北高等学校

養護教諭 遠藤 留美子

電 話 0183−79−5200

Copyright(C) YuzawaShouhoku High School All Rights Reserved Since2011