校長挨拶

 湯沢翔北高等学校ホームページをご覧いただき、ありがとうございます。
 本校は、平成23年4月、湯沢北高等学校と湯沢商工高等学校を発展的に統合し、普通科、総合ビジネス科、工業技術科の3学科を有する総合制高校として開校いたしました。 そして今年度、本校は創立から8年目を迎えました。

 本校は「創造力や実践力のあるたくましい生徒の育成」を基本理念とし、それぞれの学科の特性を生かし、学力向上はもとより、地域貢献をも視野に入れた課題研究や、インターンシップ、ボランティア活動などの体験的な活動を重視して、生徒一人一人の個性や適性を生かす、きめ細かな学習指導と進路指導に努めております。

 また、本校は、部活動も盛んで、全校生徒の9割以上が部活動に加入し、インターハイをはじめとする各種全国大会にも多数の生徒が出場しておりますし、生徒会活動も大変活発であり、地域に活力を与える学校として、新たな歴史を着実に積み重ねております。

 平成24年4月には、修業年限2年課程の専攻科「介護福祉科」及び「生産技術科」を併設し、「介護」と「ものづくり」に関する高度な資格や技能を身に付け、即戦力として地域社会で活躍できる専門家の養成に努めております。
 これまで介護福祉科は「介護福祉士国家試験」に5年連続全員合格を達成し、また、生産技術科は「若年者ものづくり競技全国大会」4年連続上位入賞や技能五輪全国大会出場を果たすなど、数々の実績を積み重ね、地域人材の養成機関としての評価を確かなものにしております。

 本校の校訓は「誠心」「創意」「自立」です。生徒には、この校訓を踏まえ、日々の学校生活を大切にし、自分自身としっかり向き合う意識を高めるとともに、相手を思いやる想像力や主体的に考え判断する力を身に付けてくれることを期待しております。
 教職員一同、生徒の潜在能力や可能性を引き出すとともに、社会の変化に柔軟に対応し社会に貢献できる人材の育成に努めてまいります。
 湯沢翔北高等学校の教育活動への皆様のご支援とご協力を、よろしくお願いいたします。

       平成30年4月      秋田県立湯沢翔北高等学校長 難波 文彦



Copyright(C) YuzawaShouhoku High School All Rights Reserved Since2011