校 訓 【 誠 心  創 意  自 立 】
 まごころと思いやりの心を大切にし、新たなものを創り出す意欲にあふれ、自らの力でたくましく生き抜く人間であれ
1 教育目標(本校校則第2条)
 本校は、教育基本法及び学校教育法の精神に則り、心身の錬磨と創造力や実践力の陶冶に努め、 平和で民主的な国家及び社会の形成者として必要な資質を育成することを目標とする。
2 目指す生徒像・・・「誠心 創意 自立」(校訓)
(1) 人やものや自然を大切にし、まごころと思いやりの心で接することができる生徒
(2) 学んだことや身に付けたことを生かし、新たなものを創り出す意欲に満ちた生徒
(3) 考えたことを自ら具体的に行動に表すことができる生徒
(4) 社会とのかかわりの中で大きな夢と高い志を持ち、主体的に人生を切り拓いていく生徒
(5) ふるさとを愛し、自らを見つめ、社会に貢献する生徒
3 教育方針
(1) 基本的生活習慣の確立を図るとともに、責任と協調を重んじ、礼儀正しく他を思いやる心を育み、社会に意欲的に貢献できる人間を育てる。
(2) 基礎・基本の指導を徹底し、自ら学び自ら考える主体的な学習態度を養い、学力の向上を図る。
(3) 体験的学習を通して一人一人の豊かな個性や能力を伸ばし、将来の社会的・職業的自立を目指した進路実現を図る。
(4) 商業・工業の教育の特色を生かし、地域との連携を図ることによって企業実習を導入するなど実践的な教育を行い、 望ましい職業観・勤労観を育成する。
4 平成29年度の重点目標
(1) 規範意識の醸成
基本的な生活習慣の確立に努め、社会生活を送る上で人として必要な他への思いやりや感謝する心など豊かな人間性と規範意識を育み、自律的な生活態度を養う。
生徒会活動や部活動、ボランティア活動など生徒の自主性を重視し、生徒の達成感や成就感を育むとともに、よりよい人間関係づくりや自己肯定感を高める取組を進める。
(2) 授業力の向上と学習習慣の確立
「授業第一」であるとの認識を持って1時間1時間の授業を大切にし、組織的に授業改善に努めることにより生徒の基礎学力の定着と向上を図る。
生徒の学びの実態を的確に把握するとともに、予習・復習などの家庭学習の習慣を確立させ、自ら学び考える主体的な学習態度を養い、学力向上を図る。
(3) キャリア教育の充実と進路指導の工夫改善
家庭や地域、企業等と連携した体験活動を行い、他者や社会との関わりを通して自立する態度を育成する。
キャリア教育全体計画等の見直しと改善に努めるとともに、多様な進路希望に適切に対応し、生徒一人一人の第一希望達成を支援する。
(4) 専攻科の運営と本科との連携
地域の産業界や事業所、県内大学等との連携を深め、導入した施設設備を効果的に活用するとともに、人材養成の場として教育内容の充実を図る。
専攻科と本科間での教員の交流や教育情報の提供、施設設備の活用など効果的な連携を図るとともに、専攻科入学者確保に向けた取組を推進する。
Copyright(C) YuzawaShouhoku High School All Rights Reserved Since2011